Top > 現金化 > クレジットカードのショッピング枠を使って現金を得ることについて

クレジットカードのショッピング枠を使って現金を得ることについて

ショッピング枠を利用して購入した商品を売却して現金を得るという方法をクレジットカード現金化といいます。
キャッシング枠の残高がなくてカード会社から借金できない場合などに重宝しますが、多くのカード会社からは認められていない行為です。
クレジットカードで購入した商品は、代金が完済するまで店側に所有権があります。
したがって勝手に転売することは、例えば友人から借りたゲームソフトや本をを友人の許可なく売りに行くのと同じ行為になります。
特に自分で現金化を行おうとすると、カード利用停止になる可能性が高いです。
カード会社は換金率の高い商品を理解しているので、そういった商品をショッピング枠でまとめ買いするとカード会社から転売の疑いをかけられます。
カード利用停止は注意喚起が目的なので利用再開になれば良いですが、それでも転売目的の利用が続くと強制退会になる場合もあります。
一方、業者に現金化を依頼する場合はカード利用停止などになるリスクは低いです。
また、自分で買取価格の高い店などを探す必要がなく、比較的早く現金を得ることができます。
業者に依頼する場合は、手数料が別途かかるので最終的な換金率が80%程度になります。
したがって、あまりにも高い換金率を謳っている業者は気を付けた方が良いです。
入金の直前まで様々な名目で料金を請求されて最終的な換金率が60%を下回ることもあります。
優良な業者に担当してもらうために、業者のホームページ等で情報収集を行うことが大切です。

ビックギフトの評判はこちら

 

現金化

関連エントリー
クレジットカードのショッピング枠を使って現金を得ることについて